8年間

こんにちは!

東京ダンススクールリアンオーナーの牧野です。

8年間あっという間に過ぎてしまいました。

思えば8年前、私が当時27歳の時に上京。

裸一貫、東京にもダンス業界にアテもコネもないまま

貯金200万円だけで上京してきました。

まあ、最初は失敗して3ヶ月でそれは全部失いましたが(笑)

この8年間は本当に色々な事がありました。

ありすぎて、1冊の本に出来るくらい・・・

それでも、今は東京リアンで300名を越える会員様と

一緒に頑張ってくれいている仲間のおかげもあり

全国8都道府県でリアンは開講しています。

私が8年間で感じたこと・・・

それは、ダンス業界の仕事意識への低さを感じた8年間でした。

私は、この仕事をするまで、ダンスは全く知らない世界でした。

だからこそ、感じてしまう違和感がたくさんあるのです。

ダンスの需要はまだまだ低いと考えております。

それは、地方開講すれば、より顕著に現れます。

まだまだ世間が求めるレベルに達していない。

いや、そんな時はもしかしたら来ないかもしれない・・・

その原因は残念ながら、ダンスを教える側であるダンサーの意識の低さを

感じずにはいられないからです。

ダンススクールのオーナーとして

このような発言は適切ではないかもしれない。

ですが、ダンス業界を知らない人間が

8年間客観的に見てきた偽らざる本音です。

・レッスンを時間通りに出来ない

・レッスンを休む

・組織に反して勝手な行動をする

・生徒さんを引き連れて辞める、引抜をする

このような事が、悪びれもなく起こるのです。

社会人として、ありえない事です。

このような事でまともな指導が出来るでしょうか。

人にダンスを伝える、教えるという事が出来るでしょうか。

会員様は増えても本当の満足には繋がらないと思います。

今も当スクールから引抜をして、

何食わぬ顔をしてやっているスクール経営者も知っています。

ですが・・・

もう、そんな事を言っている場合ではないかもしれません。

つまり、ダンス業界には社会人として仕事を出来るダンサーが

本当に少ないというのが残念ながら現状です。

だからこそ、世間に認められない。

それは、ダンス業界に携わる人間が

一人一人意識を変えていかなくてはいけません。

ダンスを仕事とする以上、社会人としての常識を備えることは当たり前です。

筋を通す。

筋を通せない、通さない人が本当に多い。

まともな社会人だったらやらない事を

当然のようにしてしまう。

本人達もそれが悪いとは分かっていないかもしれません。

ですがそれは、社会人として不幸なことです。

教えてやれる人間がいないからです。

だからこそ、リアンではそれは少しずつゆっくりやっていこうと思っています。

焦らず、少しずつゆっくり。

正直、8年前と何も変わっていません。

このままでは、この先10年後も

ダンス業界は変わらないでしょう。

だからこそ、気付いた人から変わるべきです。

そして、経営者も一緒にいるスタッフをもっと稼がせる

という事にフォーカスする必要があります。

つまり、集客をする、仕事を頂いてくる。

そうする事で、講師により高い報酬を支払う事が出来ます。

今のリアンではまだまだ力不足ですが

数年後、もっとたくさんの報酬が支払えるよう

よりたくさんのお客様にご満足頂き

リアンの講師もより満足してレッスンが出来るよう

オーナーとして考えていこうと思います。

8年間本当に色々ありましたが

今では全ての事に感謝しています。

・スクールを1度乗っ取られたこと

・生徒さんを引き抜きされたこと

・うちのやり方を真似していること

今となればそれも懐かしい事で

全ては自分にとって良かったと思っています。

そして、今を一緒に頑張ってくれている講師

スタッフ、何より毎週楽しみに通って頂いている

会員の皆様に感謝しながら、よりよいスクールを

作り上げていきたいと考えております。

これからもよろしくお願い致します。

コメントはまだありません。

コメントする