これからの3年・・・

こんにちは!

東京ダンススクールリアンの牧野です。

久しぶりのブログになりました。

今年もたくさんの方にご入会頂いて
本当に嬉しく思っています。

本当にありがとうございます!

そして、現場で頑張っているスタッフにも感謝です。
いつもありがとう。

気付いたらダンススクール、ダンス業界に身を投じて
7年が経過していました・・・

早いものです。
7年前のあの日の事は今でも鮮明に覚えています。

たくさんの不安の中で
誰にも言わず誰にも相談出来ず
上京して一生懸命走ってきました。

それがようやく、実を結んで来たと言えるところでしょうか。
7年間の中で知人に裏切られたり、スタッフに裏切られたり
身近な人間に裏切られたりとたくさんありました・・・

上手くいきそうだ!と思った時ほど
人に事業を乗っ取られたり、他のスクールから
スタッフや生徒さんの引抜に合ってきました。

それは人として最低の行為だと思いますが
その都度リアンも私も成長してきたのだと思います。

新しいアイデアが生まれたり
新しい仲間と出逢えたりと
世の中破壊があって建設があるものです。

リアンも4年目に突入し
基盤は出来てきたと想えるようになりました。

これからは、しっかりとした組織をつくり
人材育成に力を入れていきたいと思います。

ダンススクールはビジネスですから
社会人としてのマナーや礼儀が必要です。

私が7年間ダンス業界にいて感じた事の1つに
ダンス業界はビジネスマナーが不十分だと感じました。

でもそれは誰も教えてくれる人間がいないからなのだと思います。

挨拶から言葉遣い、文章や行動等
社会人としてまだ不十分な事が見受けられます。

ですが、決して悪気があってやっている訳ではないのです。
誰も教えてられる人間がいないからそうなってしまっているのです。

とは言え、だからと言っていい訳ではありません。
しっかり自ら学ぶという姿勢も大切です。

インストラクターとは、ダンスを教えるだけでなく
ビジネスマナーがしっかりしてないと
仕事にならない訳です。

これから3年間
新規のお客様そして、既存のお客様に
ダンスを好きになって頂き
上達して頂く事は当然であると考えております。

その先に、しっかりとした組織を作り
自分も含めスタッフの質を向上させていく。

まだまだ時間はかかりますが
10年、20年100年先を見据えて
今からしっかりとした組織をつくっていきたいと思います。

そして、講師の雇用、報酬面でも力を入れていきます。
とりわけ、

「ダンサーで食べていくなんて無理」

という言葉を耳にする事がよくありました。

ですが、私は一度もそんな事を思った事はありません。
時間はかかるかもしれませんが、ダンスを職業として
生活していくことだって出来ます。

ですが、その為には社会人としてのマナーは不可欠です。

リアンでは、雇用制度、報酬面も上げていきます。
それが、より質の高いダンスレッスンへと繋がり
生徒さんへの満足度へと変わっていくからです。

それはずっと7年間、起業した時から
やりたかった事の1つですので
しっかりと確立していきます。

これから3年間は育成の3年として
もっとリアンと講師、そして私自身も
成長していきたいと思っております。

もっとたくさんの方にダンスの魅力がお伝え出来る
ダンススクールを目指していきますので
これからもリアンをよろしくお願いします!

コメントはまだありません。

コメントする