東京初心者限定ダンススクールリアン    
HOME » ダンススクールコラム » ダンスワークショップは初心者も参加するべきか?メリットや内容などを徹底解説

ダンスワークショップは初心者も参加するべきか?メリットや内容などを徹底解説

投稿日:2024年2月9日
更新日:2024年2月9日

ダンスワークショップは初心者も参加するべきか?メリットや内容などを徹底解説

ダンスワークショップは、初心者がとくに参加すべき理由があります。ダンスに興味があるけれど上手にできるか不安、まだ習い始めたばかりで上手くできないという人も。

これらの場合も一般レッスンだけよりも、ダンスワークショップでダンスの世界をさらに体験することでさまざまなメリットが得られます。

 

ダンスワークショップでやることについて

ダンスワークショップは、一般的にダンススクールで開催されることが多く、単発的に行う傾向があります。ダンスワークショップでは、そのスクールの先生や有名な講師が特別に教えてくれるといった特徴がありますので、プロのダンサーのスキルを目の前でチェックできるチャンスにもなりますね。

ダンスワークショップは、講師のオリジナルダンスのレッスンを受けて楽しく練習できることが魅力。ジャンルはさまざまで、ロック、ジャズ、ヒップホップなど、それぞれの講師が得意なダンスレッスンとなります。

会場は通常はダンススクールで、参加人数は規模の大きなものになると100人程度になることもあり、ちょっとしたイベントに。料金は通常のレッスンとは異なり、単発で都度払いになるでしょう。

 

お試し感覚でダンスを体験できる!

ダンスワークショップを初心者におすすめしたい理由は、ダンスの魅力を体験できるためです。スキルをマスターするなら、継続的にレッスンできる一般的なクラスのほうが基礎から徹底的に繰り返しできるのでおすすめ。

しかしダンスワークショックは、海外のプロのダンサーが招待されることもあり、ダンスの醍醐味を体験できます。「興味はあるけれど、自分にダンスが向いているかどうかわからない」という人も、お試し感覚でダンスワークショップに参加してみるとよいでしょう。

 

他の先生やジャンルのレッスンが体験できる!

ダンスワークショップは、普段のレッスンで交流がない先生に教えてもらったり、ジャンルの異なるダンスを体験したりすることもできますので、幅広くダンスを体験したい時にもぴったりです。

たとえばヒップホップを習っている人がジャズダンスに興味がある場合など、いきなりレッスンコースを変えるのは勇気が必要ですよね。そんな時に興味のあるダンス講師が開催するワークショップに行けば、何となく雰囲気が掴めてきます。

 

まとめ

ダンスワークショップはあらゆる趣味で開催されており、参加すると最後はもっと楽しめるようになり気持ちも高まるはずです。開催日や場所などはスクールや運営会社により異なりますので、こまめにチェックしておきましょう。
少人数なので定員になる前に☆
レッスンスケジュール