× 体験レッスン 新着情報
HOME » 東京ダンススクールリアン会報 Vol.14(2021年9月号)

東京ダンススクールリアン会報 Vol.14(2021年9月号)

暑かった夏も終わり、秋の気配に変わっていくこの季節。

秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、とくればダンスの秋!
東京ダンススクールリアンでは10月のダンス発表会に向けて全力準備中!

発表会スタッフとホールの下見に行って、初使用のホールにモチベーションもアップ!

そんな東京ダンススクールリアンの会報9月号!
今回は講師のインタビューとダンス発表会情報等、ここでしか得られない情報満載!

東京ダンススクールリアン 第10回ダンス発表会

Smile Art

2020年4月18日に開催される予定であったダンス発表会はコロナウイルスの影響により中止となってしまいました。

当時、準備をしてくれて一生懸命レッスンに励んで頂いた生徒さん、しっかりと演出を考案してくれていた講師には大変残念な想いをさせてしまい、非常に心苦しい気持ちでいっぱいになりました。

あれから、約1年、まだまだ収束が難しい状況ではありますが、講師達と相談を重ね、ホールとも交渉をして、従来のホールよりも理想の演出が可能なホールへと変更する運びとなりました。

出来る条件の中ではありますが、参加される生徒さんにとって一生の思い出となるダンス発表会となるよう、スタッフ一同最善を尽くします。

今回は節目でもある10回目のダンス発表会となります。

ここまでスクールが続いたこと、そして、こんな状況下の中にも関わらず、近年最高となる参加希望者数を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな想いを込めて今回のタイトルは「Smile Art」にしました。

辛い時だからこそ、笑顔になるべきだと私は思います。そして、「笑顔の芸術」をご来場頂いた客席の皆様と生徒さん、スタッフ一同共有出来たらと考えました。

ダンスには、リアンには人を笑顔にする、そんな力があると思います。

1日も早くこの状況が収束して、皆様の日々の暮らしにたくさんの「Smile」が訪れますように。

東京ダンススクールリアン代表 牧野 俊介

Smile Art セットリスト

1、J-POP かなこクラス
2、K-POP MIZUKIクラス
3,テーマパーク 未帆クラス
4,アニソン よしおクラス
5,ヒップホップ りょうこクラス
6,K-POP MIZUKIクラス
7,   アイドル めいクラス
8,リアンインストラクター
9,   ロック かなこクラス
10, テーマパーク ふみやクラス
11, K-POP かなこクラス
12, アイドル なつみクラス
13, ミュージカル よしおクラス
14, ヒップホップ MIZUKIクラス

 

9月号インタビュー講師  ふみや

せいとさんと同士の会話を聞いているのが大好きというふみや。クラスの雰囲気と生徒さんの優しさが嬉しいそうです。

リアン初のテーマパークとアニソンを兼任する希有(けう)な講師が語る地元の話し、ダンスを始めた意外なキッカケ、好きな音楽のことから、言われてしまう見た目からの判断とは?

生徒さんの成長の早さに感動しながら、レッスンと向き合う講師の魅力に迫ります。

体験の方と生徒さんとの話を聞くのが楽しいですね

牧野:リアンに来てどれくらい?

ふみや:半年くらいですね。3月からクラス引き継ぎましたね。

牧野:ふみやクラスの雰囲気はどうですか?

ふみや:テーマパークの方はみんな和やかにやっていて、年齢層も幅広いですが仲良くやっていますね。僕も楽しくやらせてもらっています。皆さん優しいので、見学の方、体験の方に話をしてくれたりして、それを聞くのが僕も楽しいですね。

牧野:ふみやくんも生徒さんと楽しく話しているんだね。アニソンクラスはどう?

ふみや:引継ぎの時から生徒さんから話してもらえたりとか、どんなアニメが好きですか?とか色々話させてもらえたので、楽しくやらせてもらえています。

牧野:どちらのクラスも楽しそうだね。意外だったのが、ふみやくんがアニソンクラスを引継ぎしますと言ってくれたこと(笑)

ふみや:(笑)言われます(笑)

牧野:それは誰から?生徒さん?

ふみや:色々な人から言われますね。

牧野:テーマパークとアニソンのクラスってあまり結びつかない気もするから。前から好きだったの?

ふみや:そうですね、小さいころからアニメが大好きで。ゲームも大好きで、ゲームの音楽とかアニメの主題歌を家とか車でもずっと流してましたね。

牧野:そうなんだ。じゃあダンスやってからもアニソン興味あったりして?

ふみや:そうですね、僕の習っていた先生とかもレッスンでアニメの曲作って下さったりしていて、この曲知ってるみたいな感じになってましたね。

牧野:好きなアニソンてあるの?

ふみや:最近は「マクロスデルタ」ですかね。最近と言っても3年位なんですが、アニメの中のユニットがあるのですが声優さんとかがユニット組んでいて。チケット即完売する位人気なんですけど。5人組でコーラスやハモリがスゴいんですよね。普通のアーティストというより、コーラスを重点に置いている感じですね。曲も良いので、今日もそれ聴きながらきちゃいました。

牧野:それはレッスンでやったりするの?

ふみや:やりたいと思うんですけど、生徒さんのリクエストがあるので、今はストレッチの方で流したりしています。

アニメとかゲーム好きで、声優になりたかったです

牧野:いいね、その辺りから浸透していってもらえたらね。ダンスはいつから始めたの?

ふみや:本格的には20歳からで遅いんですよね。

牧野:そうなんだ。どういうキッカケで?

ふみや:18歳の時に上京したのですが、北海道出身なんですよね。めちゃくちゃ田舎町だったので。オホーツク寄りのところでした。

牧野:なんていうところ?

ふみや:佐呂間という、サロマ湖とかあるところです。

牧野:ああ、聞いたことある!ダンスやれるところは地元にあったの?

ふみや:周り山とかしかなかったので、ダンススクールなんてなかったので、ダンスに触れる機会がなかったですね。民族舞踊とかは学校でやったりしていたのですが、本格的なダンスはやっていなくて。なので、踊る機会ないだろうなと思っていたのですが、アニメとかゲームが好きで中学生位で声優さんになりたいなと思いまして。それで専門学校で上京したのですが、ジャズダンスとかタップダンス、日本舞踊があってドハマりしてしまいまして、演技よりこっちでいきたいなと思いました。

牧野:そうだったんだ。声優やりたいからダンスやりたいになったんだね。ダンスの魅力というのはどういうところだったの?

ふみや:気付いたらどっぷりハマってた感じだったんですよね。周りからもビックリされたんですけど。その中で特にジャズダンスが好きだったんで。周りは何やってんだ?何やらされてるんだろう?という感じだったんですけど(笑)その中で踊るのが個人的で凄く好きだったという事に気付きましたね。

牧野:そうなんだ、じゃあ実際やってみて気付いた?

ふみや:そうですね。でも、やってみたいなと思っていたので。嫌というい気持ちはなかったですね。それで、実際やってみたらもっとやりたいとなってましたね。

牧野:そうなんだね、じゃあそこからどんどんやっていった感じ?

ふみや:そうですね、ターニングポイント的には専門2年の時に卒業の年の夏休みの終わりに、ダンスカンパニーダズルというストリートダンスをコンテンポラリーダンスを合わせた舞台作品を作られる集団がいて。ダンスカンパニーの講演のチラシを見つけて、国際フォーラムだったんですけど、それを見た瞬間にずっとダンスやっていたい、ダンスを仕事にしたいとう気持ちになって、ダンスカンパニーの主宰の人に習い始めたかたちですね。

牧野:そういう流れがあったんだね。卒業してからはどうしてたの?

ふみや:そこのブロードウェイダンスセンターという場所でジャズダンスをメインに習いながら、たくさん先生がいるので、自分の中で教え方とか振付けいいなという先生のを探して習っていましたね。1年くらいはレッスン受けていて、舞台は立っていなくて、2年目位に発表会のショーケース出て初めてダンスの舞台に立ったという感じでしたね。そこから、別の発表会出たりとかで、よしおさん(リアン講師)と出会ったりとか(笑)

牧野:そっかそっか、そこに繋がるんだね(笑)それはいつ頃?

ふみや:4年位前ですかね。22,3の時でした。

アレンジしてやってくれるのを見てるのが楽しい

牧野:教え方で気を付けている部分はどんなところ?

ふみや:ジャズのレッスンて基礎が地味なので、バレエの基礎も入れておかないと綺麗に踊れたりが出来ないんですね。なので、基礎の面でここが何で必要なのかというのをするようにしています。

牧野:基礎は確かに大切だね。リアンでレッスンやっていて感動したことはある?

ふみや:生徒さんのフリ覚えが早いですね、ビックリしました。

牧野:そうなんだ!それはスゴいね!

ふみや:前任の講師のおかげでもあると思うのですが。ダンス初心者なんですけど、レッスン内で振付を覚えてくれていますね。2週間ずつでフリを変えているんですけど、2週目になると自分なりにアレンジしたりしてくれて。テーマパークのショーって、やっぱりお客さんにアピールする場面てあるんですよね。手を振ったりとか、投げキッスしたりとか(笑)僕は生徒さんにもそれを入れて欲しいので、ここポイントだよとか、それを出来る人はどんどんアレンジしてやっていってくれるので、見てるのがすごく楽しくなりますね。

牧野:生徒さんも慣れ始めて楽しくやっている感じだね、またこれで発表会出るからね、出たら生徒さんの感動とか成長ってたくさんあるから楽しみだね。それでは、生徒さんに向けてメッセージを。

ふみや:僕は喋らないと見た目恐いと言われることがあって、そんなこと全然ないので(笑)楽しいこと大好きですし、もっと皆と話せたり、知らないクラスの生徒さんとも話したりしたいので、是非振替等で来て欲しいなと思います。

牧野:そうなんだ(笑)また発表会で他の生徒さんとも関わるだろうから、仲良くなれたらいいね。これからダンスを始めたい方へメッセージを。

ふみや:遅いことはないので、やりたいと思ったらやりましょう!緊張とか不安は絶対あると思いますけど、僕もそうだったので。でも自分がやってみたいということだったら、やってみることだと思いますので、体験レッスンお待ちしております。

-最後にふみやにとってダンスとは?

これが私の、アナザースカ・・・違う違う

ふみや:これが私の、アナザーライフ!(もう1つの人生)

「これが自分です!」と表現できる場所

出身地:北海道
趣味:歌・筋トレ・音楽を聴きながら散歩・扇子集め
特技:曲探し・パズルゲーム
休日の過ごし方:ゲーム・YouTubeを見る・ゲーム実況動画を見る
好きなアーティスト:Royal Scandal・omoinotake・predia・perfume・梶浦由記・revo…他にもまだまだいます
尊敬している人:長谷川達也さん(僕がダンサーを目指すきっかけになった方です)
好きな食べ物:お寿司・肉・スイーツ・お酒
苦手な食べ物:バナナ、大葉、きゅうりやスイカ等の瓜系の物


ページの上部へ戻る