東京ダンススクールリアン|初心者限定ダンススクール
× 体験レッスン 新着情報
HOME » 東京ダンススクールリアン会報 Vol.3 (2020年4月号)

東京ダンススクールリアン会報 Vol.3 (2020年4月号)

東京ダンススクールリアン会報4月号

2月より始まった新型コロナウイルスが
猛威を振るってしまっております。

東京ダンススクールリアンでも
4月の8日より一時営業停止と致しました。

世間が暗くなってしまっておりますが
そんな中でもリアン会報は元気いっぱい!
4月号をどうぞお楽しみください!

講師のレッスン曲から、インタビュー等、ここでしか得られない情報満載!

4月のレッスン予定曲

かなこクラス

kpopおすすめ曲は
JO1の無限大です!

ワンポイントアドバイスとしては
なりきる気持ちそして振りが難しいところは言葉で楽しく置き換えて覚えよう!

小泉未帆クラス

今月のレッスン曲は、ワンマンズドリームよりシャイニングスター☆

ワンポイントアドバイスは、
テーマパークはまずは出来ても出来なくても笑顔で踊りを楽しむこと♪

今月のダンス初心者上達法

教えてくれる講師:かなこ

ダンス初心者向けアドバイス

【楽しい言葉で考える!】

ダンス=不安ではなく
ダンス=楽しい!

難しく考えないこと!
楽しい言葉で考えて、ダンスを始めてみてください!

東京リアン講師インタビューVol.3

たま
-生徒さんの輝きを、これからも見たい-

東京ダンススクールリアンたま会報1

ダンス初心者の方へ指導する事が好きだった「たま」

時には怒り、時には涙して、クラスの雰囲気も超アットホーム!

気になるダンサーネームから、発表会後に毎回生徒さんに怒られてしまう
ある事とは!?そして、意外な趣味も初公開!

ハイテンションな彼女だからこそ生徒さんに傾ける情熱も人一倍!
生徒さんを輝かせ続ける講師の魅力に迫ります。

小学校から「たま」だった

牧野:気になってる人も多いと思うのでまず聞くけど、なんで「たま」なの?

たま:小学校の時にサザエさんごっこをしていて(笑)その時に私が「たま」だったんです!それで、それが定着して、小学校一緒の友達が中学でひろめて、中学一緒の友達が高校でひろめて…を繰り返して、今では自分で名乗るようになりました(笑)

牧野:そんな由来?(笑)まさかサザエさんから来るとはね。謎が解けました(笑)
ダンスを始めたキッカケは?

たま:元々興味があって。小学校、中学校位からですかね。モー娘。とか、歌いながら踊ったりとかに興味があって、入る予定の大学を調べていたらそこにダンスサークルがあって。動画とか見てたら、やってみたいけど、難しそうだなと思ったですけど当時mixiが流行っていたので、それでそこのサークルにメッセージを送ったのがキッカケでしたね。ほんとに初心者ですけど、大丈夫ですかって。みんな上手かったので。

牧野:それまではダンスをやってなかったの?

たま:はい、それまではバスケやってましたね。毎日やってました。

牧野:大学は東京?

たま:いえ、名古屋です。

牧野:そうなんだ。それで大学でダンスやって本格的にプロでやっていきたいと思って上京?

たま:いえ、実は大学後就職をするつもりで東京に来たんですよ。

牧野:そっか、そうだったよね。最初コンビニの社員だったんだよね。

たま:そうだったんですよ、その時は本部社員だったので。仕事も凄く楽しかったんですけど、ダンスの方が楽しくなってきてしまって辞めて、リアンに応募したって感じでしたね。

牧野:そうだったんだね。

たま:はい、脱サラです、私(笑)

東京ダンススクールリアン会報3

分からない人に1から教えるのが好きだった

牧野:当時は仕事しながら、ダンスの活動もしててって感じ?

たま:そうです、他のスクール通ったりしながらですけど。

牧野:結構思い切ったね。

たま:そうですね。今もうないんですけど、そのスクールにいた時は芸能事務所の関連でやってるみたいで、役者目指している方とかプロダンサー目指してやっている方とか凄く多くて。でも、確証がないじゃないですか。仕事は頑張ったら昇給とか、真面目に働いて仕事ができたら簡単ではないと思いますけど、役職につけるとかあると思っていたので。どうして、そんな確証の無い事を一生懸命頑張っているんだろうなって思ってたんですけど、そういう人たちと関わっていくうちに、それが凄く羨ましいなって気持ちに変わって、私もやってみたいなと思って。それで今に至ります。

牧野:中々出来ない情熱だね、それは

たま:自分でもビックリしてます(笑)今までそんな思考になった事ないので。親もビックリしてました。

牧野:それはそうだよね。リアン来たのいつだっけ?

たま:2016年だったので、4年前ですね。

牧野:じゃあ、そこからバイトしながらダンスして?

たま:そうですね、いろいろ掛け持ちしましたね。

牧野:4年前リアンに来た時に印象は?

たま:いつも私が行っていた、思っていたダンススクールと全然違うなって思いました。まず、ダンス初心者に焦点を当ててるって凄いなって思ったのとダンス初心者を謳っているスクールさんてあるんですよね。某大手のスクールさんとか。でも、行ったところでダンス初心者はいないみたいな・・・

牧野:そうだね、上手い人も初心者クラスにいるからね。

たま:そうなんですよね。だから、本当にダンス初心者の人がいるダンススクールって凄いなって思いましたね。

牧野:リアンに応募した理由は?

たま:サラリーマンをしていて全く実績が無かったので実績がなくても勝負できるところがいいなと思っていて。技術とか基礎の教え方についてはサークルで教えてきたのもあったので1回応募してみて落ちたら落ちたで頑張ろうかなと思ってましたね。あと、ダンス初心者限定ダンススクールとなっていたのでダンス初心者に教えるというのが好きだったので。分からない人に1から教えるというのが好きでしたね。大学の後輩もダンス初心者が凄く多かったのでそういう人たちに教えていきたいなと思いましたね。最初私も出来なくて同じ気持ちだったので。

牧野:リアンで長く続けてこれた理由とかはある?

たま:やっぱり生徒さんですかね。もちろん、お別れもあるんですけど、いろんな人と出逢えて色んな人と長い付き合いになっていくというのがやっぱりどうしても、今は辞めるという思考に辿り着かないですかね。

牧野:一番長い生徒さんは?

たま:一番長くて今3年目の生徒さんがいて、高校1年生の時に入ってきた生徒さんが、これで高校卒業しまして(笑)

牧野:そうなんだ!進学?就職?

たま:進学です。その子より前に入ってくれた子もいたので。どちらも3年くらいですかね。

牧野:じゃあそのまま続けてくれるんだね。そう考えると凄いね。

たま:いやあ、本当にありがたい経験させてもらっています。

牧野:その生徒さんもいろいろ変わった?

たま:そうですね、本当に上手になりましたね!K-POPがすごい好きでインスタグラムに「K-POPを踊ってみた」を友達と踊ったのを上げてて、めちゃくちゃ上手になってるなって。それで、感激して伝えたら踊ったやつを送ってきてくれるという(笑)嬉しかったんでしょうね。

東京ダンススクールリアンたま会報5

牧野:そうだよね、たまちゃんが見てるのは知らないんだもんね?

たま:そうですね、私もたまたま自分のアカウントで見つけて。

牧野:それは嬉しいね。

たま:はい、本当に頑張ってくれてるし、それが身になっているというのも私もよくわかるので。

牧野:インスタに上げるってなると、本当に好きじゃないと出来ないだろうしある程度自信も必要だもんね。

たま:そうですね。衣装もちゃんと揃えてて嬉しかったです。

まずはダンスの楽しさを伝えたい

牧野:たまちゃん自身が一番変わったなって思うところは?

たま:私自身はいい意味で大人になったなって思いますね。自分一人でやっていた時は、自分の拘りとかスタイルとかがあって、それを最初は同じスタイルを継承して欲しいというスタンスだったんです。例えば、私が2人、3人できるというのが凄く理想で始めてたんですけど・・・今はもちろんそうなってくれたら嬉しいですし、そう思ってくれる人がいたら凄くありがたいですけど、それよりもまずはダンスの楽しさというのを伝えたいという考えにシフトしていった辺りが大人になったと思っています。

牧野:そうだね、大事だね。教わる方も、ダンスを好きにならないとだからね。そこからたま先生のスタイルいいなとか、なりたいなとか出来てからの憧れになるからね

たま:本当にそうですね。最初の頃ってどういうスタイルがいいかとか分からないですからね。やって他のジャンルに触れたりもしながらだと思うで。

牧野:リアンで一番感動したエピソードは?

たま:感動したエピソード・・・うーん、やっぱり発表会ですかね!

牧野:だいたいそこだよね。

たま:長い生徒さんには「またやってるよ」ってよく言われるんですけど毎回泣いちゃうんですんよね。発表会終わった後に。

牧野:それは皆の前で?

たま:そうですね。ゲネプロ(本番前のリハーサル)から、もう涙腺来ちゃって、1回ゲネプロから泣いた事があって、「早すぎる!」って生徒さんに怒られました(笑)

東京ダンススクールリアン会報2

牧野:そうなんだ(笑)それは早いね!

たま:本番を見て、練習であれだけ踊れなくて、怒られて、必死に練習して、それで本番自信持って前向いてお客さんに何か伝えるという気持ちで踊っているのが、本当に感動して、講師やって4年になるのに未だに慣れないですね(笑)凄いなって思います。

牧野:生徒さんが一生懸命練習して、お客さんに伝えようというところで、感動するんだね。

たま:そうですね、やっぱり生徒さんが凄く輝かしく見えるというか、成長したって思うと嬉しいですね。

牧野:リアンでは発表会まで3ヶ月間がレッスン期間になるけれど、生徒さん同士で練習したりしてるもんね。

たま:そうですね、もちろんやっていると思います。

牧野:生徒さんも泣いてるの?

たま:いや、泣いてるというよりも、やり切った感の方が強いかもしれないですね。

基礎だからこそ飽きさせない

牧野:そっか、クラスによってそこはまた違うかもね。そんなたまレッスンの特徴とか気をつけている事は?

たま:基礎をみっちりやっている所が大きいかなと思います。あと、最近筋トレをみっちりやっていますね。私に似たような踊り方が出来るのではなくて、私のレッスンは通過点としてもらって構わないので。基礎をしっかり覚えると他の踊りを共通して出来るようになってくると思うので、そこから色々なダンスが出来ていくとまたダンスが楽しくなると思いますので、基礎は力入れています。あとは、運動不足解消でダンス始めたという方もいるので、腹筋とか、背筋とかダイエットにもなるトレーニングをしています。バキバキにはならないけど、余分なお肉は落ちますよ、という感じで。

牧野:一番いいね!生徒さんにも好評?

たま:そうですね、そういう丁度良い筋トレをしていますね。生徒さんはキツイって言ってますけど(笑)なんだかんだやっています。体験の方にはちょっと優しくしています。入ってからは察してください(笑)

牧野:リアンで一番大変だった事は?

たま:私自身の問題が多いかなと思いますけど・・・レッスンとかも基礎をよくやっているので、同じことの練習とか反復練習とかで、生徒さんはきっとつまらないんですよ。私はもちろん楽しいんですけど。ただ、私も始めた頃は何でこんなに基礎ばっかりやるんだろう、つまらないなって思っていたので。でも、それを乗り越えるお手伝いをするのが私の仕事なんですが、そのやり方は人によって違いますし、感じ方も時期も違うんですよね。口にされるわけでもないので。だから、そのタイミングを汲み取ってレッスンを面白く組み立てたりする事は今でも苦労してますね。

牧野:そうか、基礎が大事だからこそ、そこに面白いアイデアとか加えて飽きさせないようにしていかないとね。

たま:やっぱり5本(週5レッスン)持っているので、あれ、今日はどこのクラスのどの基礎だっけみたいな(笑)やった気がするクラスとかでも初めてです、って言われたりとか。ヒップホップとかは1日1ステップとかで新しい技とかを入れてくんですけど、この前もやったと思うんだけどって言うと、皆首を傾げたりして(笑)

牧野:他のクラスじゃないの?みたいな?

たま:そうですね、あとはその時休んでたとかそういうのもあるので。後は曲ですね。長く続けてる方がいたりすると、この曲やったっけ?とかって言いながら色々流すんですけど、やった気がしますと言われたり・・・毎週来てくれる方もいるので、曲は相当流してきたと思います。毎週曲は変えているので。

牧野:そうだよね、そうすると、1週間で5レッスンだから5曲で1ヶ月だ20曲。1年で240曲(笑)それは分からなくなるね。

たま:そうですね。2年前にやりました!みたいな事も言われます(笑)

牧野:曲は最新の曲とか生徒さんのリクエストとか?

たま:そうですね、ただ私はあまり最新曲とかは取り入れないので、ちょっと古めの曲とか使って懐かしく思ってもらえたり。最近だとポルノグラフィティさんの全盛期とかサウダージとか、そういう曲を使ったりしています。

牧野:K-POPはもういろいろなアーティストいるもんね。

たま:そうですね、K-POPは本当に生徒さんにも聞いて勉強させて頂いていますね。アニソンボカロとK-POPに関しては皆さんから曲を学んでおります。

牧野:アニソンボカロもまた通常のアニソンとは違う感じ?

たま:そうですね、ボーカロイドに関しては私自身も聴くのが好きだった時期があったんですけど、生徒さんも詳しくて丁寧に教えて下さるので助かっています。

牧野:アニソンボカロも長いよね。2年くらい?

たま:そうですね、今年で3年目という感じですね。あっという間でしたね。

東京ダンススクールリアン会報たま6

テレビゲーム好きなんです

牧野:趣味とか最近ハマっているものとかあるの?

たま:年末位にプレステ4を買いまして(笑)ファイナルファンタジーが実は好きで。ファイナルファンタジー7が出たの20年前位ですかね?

牧野:そうだね、僕が中学生位だから、20、25年前とか?

たま:そうですよね。プレステ1の頃に出ていたのが今年の4月にリメイクされて出ると聞いて。その為にプレステ4を買いました(笑)その間どうしようかなっていうのがあったんですけど、友達からおススメのゲームとか教えてもらってやっています。

牧野:意外な趣味だね。何やってるの?

たま:エイペックスって言うFPSのゲームなんですけど、最後の1チームになるまで銃とか拾って撃っていくみたいな。

牧野:アクションゲームってこと?

たま:そうです、いち早く強い武器拾って、強い服着て相手に挑んでいくみたいな(笑)結構立ち回りとか、そういう動画もアップされる位、海外で販売されたんですかね、海外でも人気があって海外ユーザーとかもいるんですよね。グラフィックも凄く綺麗なのに無料なんですよ!

牧野:そうなんだ!なんで?

たま:ネット料金はかかるんですけど、ソフトは無料でスマホアプリみたいな感じですね。ゲームの中で課金とかはあるみたいですけど。無課金でも全然楽しめますね。

牧野:じゃあ、それでダウンロードしたりって事ね。へえ、そんな時代なんだね。

たま:FFに関しても、体験版も無料でダウンロード出来るので、今途中までは出来てるんですよね。

牧野:じゃあもうちょっとしたら、ここから先はみたいなね。

たま:そうですね、私もプレステなんてほぼ触ってなかったので。

牧野:初めて買ったのは?

たま:PSPは買いましたかね。でもほとんどゲーム機なんて買いませんでしたね。ただ、父親がゲーム好きで、その影響で小学校の時ずっとゲームしてたんですよ。それで1回離れてまた始めた感じですかね。

牧野:ちょっと分かるかも。大人になって僕も龍が如くにハマった(笑)分かる?

たま:分かります!大好きです(笑)

牧野:ほんと?(笑)大人になってやらなくなるじゃん、ゲームって。僕も二十歳位までゲームしてて、それから全然やらなくなってから30手前位でやったのかな?どハマりして、朝から晩までやってたね(笑)無駄に歌舞伎町とか行ったもん(笑)

たま:分かります(笑)

牧野:意外なゲームが趣味というね。体動かす趣味でくるかなと思ったけど。

たま:いや、意外と引きこもりです(笑)

牧野:じゃあ、FFの結果報告はミーティングで(笑)

たま:分かりました、ここまで行きましたって発表します(笑)

牧野:楽しみにしてます(笑)では、これからダンスを始めたい方にメッセージを

たま:やりたいと思うのは皆さんだと思うのですが、最初の一歩踏み出すのが時間かかると思うので・・・踏み出しちゃえばこっちのもんだと思うので、是非ボタンを押してください!人生変わると思います!

牧野:そうだね。どういうところで人生変わるなって思う?

たま:今まで生徒さん見てきたり、他の先生方も言っている事ですけど、今まで無趣味で仕事して帰ってくるだけだったのが、楽しみが増えたって言われる事が多いですね。凄い毎週の楽しみで今を生きてます!って言われたり。なので、出来ない事はないと思うので、最初は恐いと思うんですけど、全然恐くないです。いつでもお気軽に来てください。

牧野:ハイテンションでお待ちしております?

たま:はい、もちろんでございます。

牧野:では、最後に生徒さんにメッセージを

たま:そうですね、まあ・・・大好きです(笑)大好きですね。

牧野:以上?(笑)

たま:あとは・・・なんだろうな・・・一緒にいましょ(笑)

牧野:普段飲みに行ったりするの?

たま:最近行かないですね。幹事やってくださる方がお辞めになってしまって。

牧野:そうなんだね。前は行ってた感じだったよね。

たま:最近は発表会後とか、忘年会とか、あとは高校生の方が大学生になって合格おめでとう会とかしてますね。

牧野:・・・以上?

たま:はい(笑)

牧野:では、最後にたまにとってダンスとは?

これが私の、アナザースカ・・・違う違う

たま:これが私の、アナザーライフ!(もう1つの人生)

たま
出身地:岐阜県
趣味:ゲームをすること
特技:早く眠りにつけること
休日の過ごし方:ゲームと筋トレを好きな時間にする
好きな食べ物:フルーツ
苦手な食べ物:パクチー


ページの上部へ戻る